石川県小松市のレンタルピットです、DIYで車の整備やワンオフでのLED作成にご利用ください

TEL.080-4252-8409

〒923-0863 石川県小松市不動島町甲235

ドアミラーにミラーヒーター配線

ドアミラーにミラーヒーター配線

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、純正OPのハイドロフィリックドアミラーに交換した際ミラーにはヒーターが付いてるのにFFは車体側にヒーター配線が無くてそのままになってました。
調べてみるとドアミラー根本のコネクターまではヒーター用の配線が来てるみたいなので、ドアミラー内に配線をしてミラーヒーターを使えるようにします。

まずはドアの内張りを剥がして、ドアミラーのコネクターを外しボルト3本を外してドアミラーを取り外します。

 

 

 

取り外したドアミラーユニットからミラーと裏側のカバーを取り外します。

 

 

 

次にドアミラー根元の下側にあるビス3本を外すのですが、このビスにはネジロックが塗ってあって非常に固いです。
事前情報で知っていたのでハンマーで叩くインパクトドライバーを使って取り外しました。

 

 

 

モーターユニットのカバーも外して赤色の配線を通し、端子を付けてミラーのヒーター端子に差し込みます。

 

 

黒色の配線はドアミラーウィンカーの配線の黒色側にはんだ付けしました。

 

 

 

ドアミラーを取り付けて、赤色の配線にミラーヒーター用配線を接続してドア内張りを元通りに組み付ければ作業完了です。
せっかくミラー自体にヒーターが付いてるので使えるようにしたいですね。
これでリヤデフォッガーに連動してミラーヒーターが動作するはずです。

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です