石川県小松市のレンタルピットです、DIYで車の整備やワンオフでのLED作成にご利用ください

TEL.080-4252-8409

〒923-0863 石川県小松市不動島町甲235

メンテナンス
このエントリーをはてなブックマークに追加


メンテナンス関係の記事がありましたら記入していきます。


メンテナンス

130ヴィッツ RECS施工によるエンジン内洗浄

ヴィッツがアイドリング時の回転が若干不安定になってきたのでRECSを使用してエンジン内を洗浄してみようと思います。

 

 

インマニ(スロットルボディより後方)から負圧を利用してRECSの洗浄液を注入させるので、ブレーキブースターホースに接続する事にします。
インマニ側の取り付け部はエンジンの裏側で接続しづらかったのでブレーキブースター側を外して取り付けしました。

 

 

20分~30分ぐらいかけて注入するらしいんですけど、大事を取って50分ぐらいかけてゆっくりと洗浄液を注入せせました。

 

 

注入中にマフラーから排出される液体は特に汚れてなかったです。

 

 

洗浄液を全部注入させた後一旦エンジンを切りブレーキブースターのホースを元通りに繋いで、から再びエンジンを掛けてレーシングを行います。
アクセルを踏みながら写真撮ったんで分かりづらいですが、ゆっくり洗浄液を注入したつもりなんですがやっぱり白煙がモウモウと吐き出てました。

4000~5000rpmぐらいで白煙が出なくなってきたら作業完了です。

 

RECS施工後はアイドリングも安定した感じがしますし、少し走ってみたみた感じでも良好でした。

今回は7年半経った36500km走行のヴィッツで、良いオイルを使って時々燃料洗浄剤を使用したりもしてたんですが、やっぱりエンジン内は汚れてきてるのかもしれないですね!

 

 

 

130ヴィッツ 点火プラグ交換とピストンデポジット状態観察

ヴィッツの点火プラグを交換します、交換するのはNGKのプレミアムRXで、型番はLKAR7ARX-11P、ストックNo.は94493です。

 

 

 

イグニッションコイルに繋がっているコネクタを取り外して、コイルを固定しているボルトを取り外した後コイルを抜き取ります。

 

 

 

14mmのプラグレンチを使って点火プラグを取り外していきます、元々付いてた点火プラグはデンソーのイリジウムプラグですね。

 

 

 

取り外した点火プラグです、結構きれいな感じがしますね、まだまだ使えるかもしれませんが性能低下までは見た目では分かりませので交換します。

 

 

 

点火プラグを取り外したついでにシリンダー内をスネークカメラで覗いてみる事にします。

 

 

左側から順番に1~4番のピストン上部の画像になります。
燃料添加剤を定期的に入れてるせいか思っていた以上にきれいでした。

 

 

 

点火プラグにスレッドコンパウンドを塗布して取り付けていきます、点火プラグを取り付ける際はトルクレンチを使って20N・mで締め付けします。

 

 

 

コイルを固定しているボルトもトルクレンチ使って10N・mで締め付けします、その後コネクタを差し込んだら作業完了です。

最後に、交換日の日付と走行距離をテプラで貼り付けて終了です。

 

 

点火プラグ交換と同時にピストン上部のデポジット堆積状態を確認したい場合は当店までご来店下さい、スネークカメラを貸し出し致します!

 

 

 

 

130ヴィッツ LLC交換

ヴィッツのLLCを交換します、用意したのはスーパーLLCを4L分です、これは希釈しなくて良い濃度調整されてる製品です。

 

 

 

フロント側をジャッキアップしてウマを掛けてラジエター下を覗くと赤丸部分の穴の上にドレンコックがあるので、受け皿を置いてドレンコックを緩めます。

 

 

 

ラジエターキャップを外して、古いLLCが全部抜けきるまで待ちます。

 

 

 

待ってる間にリザーバータンク内のLLCもシリンジを使って抜き取りました。

 

 

 

古いLLCが抜け切ったらドレンコックを閉めて、写真赤丸部分にあるエア抜きバルブを緩めて新しいLLCを注入していきます。
注入量は”ラジエータ内の水位が入口面より20 mm以内であること”らしいです。

 

 

 

ラジエターホースの上側と下側の両方を圧迫してLLCの液面が下がる場合はLLCを追加します。

 

 

 

リザーバータンクのFULL位置まで新しいLLCを注入して、エア抜きバルブを閉めラジエターキャップも閉めます。

サーモスタットが開く(水温が75℃以上)まで暖機してリザーバータンク内のLLCが減らないか確認して、大丈夫であれば少し試運転して来ます。

エンジンを停止させ冷却液が冷えるまで待ち、リザーバータンクの液面がFULLラインとLOWラインの間にあることを確認して作業完了です。

 

 

 

 

 

130ヴィッツ ヘッドライトくもり取り

ヴィッツのヘッドライトですが黄ばみって程では無いんですけど若干くもってきてるのでクリーニングしてみます、使用したのはソフト99の”ヘッドライトリフレッシュ”っていう製品です。

 

 

 

まずはヘッドライト周りを養生テープでマスキングします。

 

 

 

まず最初に使うのがこのベースクリーナーってやつで、付属のクロスを使って磨きます。

 

 

 

左側写真が磨き前で右側写真が磨いた後です。
5分ぐらい手作業で磨いただけで綺麗になりました、くもり(黄ばみ)がひどい場合にはポリッシャー使った方が良さそうです。

 

 

 

次に、ハードトップコートってやつを使います、付属している四角いスポンジに少量付けて塗り広げるに塗布します。

 

 

 

1分ぐらい乾かしたあとスポンジの反対側の使用してない面で軽くならしたら完成です。

 

 

 

この状態で24時間触ったり濡らしたりしたらダメで、完全硬化には3~4日掛かるみたいです。

やっぱりヘッドライトがきれいだと気持ちが良いですね、思った以上に良い仕上がりになりました。

 

 

 

130ヴィッツ エアコンフィルター交換

エアコンフィルターを交換します、交換するのはデンソーの”T-0004N”です。
夏になるとエアコンを多用する事になってエアコンフィルターが古いと臭いが気になってくるので定期的に交換します。

 

 

 

グローブボックスを開ると左側にダンパーが付いてるので引っ掛かっている軸部分をラジオペンチで挟んで縮めるようにして外します、ダンパーを外してからグローブボックスを手前に引っ張って取り外します。

グローブボックスを取り外した奥側にエアコンフィルターが入ってる部分があるので、カバーの端部分をつまむとロックが外れて簡単に取り外せます。

 

 

 

左側が取り外したボッシュのフィルターで、右側が今回取り付けるデンソーのフィルターです。
ボッシュのフィルターの方が折りが細かいですね。

取り外したフィルターを良く見ると結構埃が溜まっていて汚れています。

 

 

 

エアコンフィルターの交換日と走行距離を書き換えして作業完了です。

 

 

 

HA36Sアルトワークス スマートキーバッテリー交換

車検ごとにスマートキーのバッテリーを交換する事にしてます。
HA36Sアルトワークスのスマートキーのバッテリーは”CR2032”です。

 

 

まずはキー裏面にあるレバー部分をスライドする事によって物理キーを取り出す事が出来ます。
キーを抜いた部分にマイナスドライバーが突っ込める部分があるので、マイナスドライバーを差し込んでひねるようにするとキー本体を分割出来ます。

 

 

中に入ってる基板の裏側にバッテリーが入ってるので極性を間違えないように新しいバッテリーと交換して、元に戻せば交換作業の完了です。

 

 

 

130ヴィッツ スマートキーバッテリー交換

車検ごとにスマートキーのバッテリーを交換する事にしてます。
130ヴィッツのスマートキーのバッテリーは”CR1632”です。

 

 

まずはキー側面にある”PUSH”部分を押す事によって物理キーを取り出す事が出来ます。
キーを抜いた部分にマイナスドライバーが突っ込める部分があるので、マイナスドライバーを差し込んでひねるようにするとキー本体を分割出来ます。

 

 

中に入ってる基板の裏側にバッテリーが入ってるので極性を間違えないように新しいバッテリーと交換して、元に戻せば交換作業の完了です。

 

 

 

 

130ヴィッツ ブレーキフルード交換

ブレーキフルードのフルードカップの上部にカバーがあるので、まずはこれを取り外します。

 

 

ブレーキフルードは塗装を痛めるぐらい強力なので、こぼれても大丈夫なようにウェスでカバーして作業します、シリンジ使ってフルードカップ内の古いブレーキフルードを抜き取ります。

 

 

抜き取ったフルードはかなり茶色っぽい色が付いてます、抜いた分新しいブレーキフルードを足します交換するブレーキフルードはワークスで使った余りのワコーズBF-4です。

 

 

ジャッキアップしてタイヤを外します。

8mmのメガネレンチをブリーダープラグに差し込んでから、ワンマンブリーダータンクを繋ぎます、ブリーダープラグを緩めてからブレーキを踏んでブレーキフルードを排出していきます。
ブレーキフルードが透明になってきたら棒でブレーキを踏んだ状態で固定してブリーダープラグを締めます。(ワンウェイバルブが付いてるんですけど念のため踏み込んだ状態で締めます、もう一人いればブレーキを踏んでもらえば良いんですけど)

これをフルードカップ内のブレーキフルードが減り過ぎないように足しながら逆側のブレーキフルードも交換していきます。

 

 

リヤ側はドラムブレーキなんのですが、同様にブレーキフルードを交換していきます。

ブリーダープラグから抜き取ったブレーキフルードもやっぱり茶色っぽい色してますね。

 

 

最後にフルードカップのMAX位置までブレーキフルードを足して元に戻せば作業完了です。