石川県小松市のレンタルピットです、DIYで車の整備やワンオフでのLED作成にご利用ください

TEL.080-4252-8409

〒923-0863 石川県小松市不動島町甲235

作業事例
このエントリーをはてなブックマークに追加
今まで当ピットでの作業事例です、作業依頼された内容も記載していきたいと思います。

CX-5    足回り交換
     ・バックランプ自作LED化

     ・電動レカロシート交換

90ヴィッツ  バックカメラ取り付け
パレット   ETC取り付け
BH5レガシィ  HID交換
BP5レガシィ  ブレーキパッド交換
       
・タイミングベルト交換
       ・点火プラグ交換とRECS施工

       ・フォグランプ交換

BL5レガシィ  ロアアームブッシュ交換
       ・パワステポンプ交換

       ・ハブボルト交換

       ・点火プラグ交換
       ・ミッションマウント交換
コンテ   バッフルボード自作,スピーカー交換

BMW i320  2DINナビ取り付け
30プリウス  室内LED交換
      ・エアコンパネルLED打ち替え
      ・ステアリングスイッチLED打ち替え
      ・エンジンスタートスイッチLED打ち替え
      ・パワーウィンドゥスイッチLED打ち替え
      ・ミラースイッチLED打ち替え

ムーヴ  ラゲッジオーディオ、スピーカーボックス作成
アスリート  HID交換
アクセラスポーツ  車高調交換
VOXY   RECS施工
バモス   リヤスピーカー追加
     ・ナビ、バックカメラ取り付け

ステップワゴン  フェンダー爪折り
エクシーガ   マフラー溶接修理
14フィールダー  リモコンエンジンスターター取り付け
        ・ショックアブソーバー交換

32スペーシアカスタム  バックカメラ取り付け
            ・マジカルリング取り付け
             ・ハブベアリング交換
            ・トランクバー流用取り付け
50カムリハイブリッド  リモコンエンジンスターター取り付け
36アルトワークス  バーナー交換
21ラパン  ウィンカー移設
NBロードスター  オイル交換とサイドブレーキ調整
         ・タペットカバー交換
LA600タント  バックカメラ取り付け
        ・リヤスピーカー取り付け
デリカD:5   トレイルバー取り付け
GJアテンザワゴン  車高調交換


タイヤ組み込み
バンパー簡易補修


ブログ一覧

GJアテンザワゴン 車高調交換

BLITZの車高調に交換してます、フロント側はかなり順調に交換出来てました。


リヤ側に取り掛かって若干の苦戦、ショックアブソーバーの下側を固定している部分が固着して外すのに苦労してました。



車高調に交換完了、車高自体はこれから調整していくとの事です。



32スペーシアカスタム トランクバー流用取り付け

レイルのワゴンRスティングレー,ハスラー用のトランクバーですが、これを流用して32スペーシアカスタムに取り付けします。



ラゲッジルームのカーペットをめくり、小物入れ部分を取り外します。



クリップとボルトを外して樹脂カバーを取り外します。



シートベルトの取り付けボルトを外してトランクバーを取り付けします。



ここまでは簡単なんですが、このままだと樹脂カバーとトランクバーが干渉するので、樹脂カバーを加工していきます。



トランクバーが通る部分を超音波カッターで切断したりベルトサンダーで削ったりしながら干渉しなくなるまで加工します。
干渉しなくなるまで削れたら、元通りに組み上げて作業完了です。


高速域でリヤのバタつきがかなり軽減されたみたいです。


32スペーシアカスタム ハブベアリング交換

32スペーシアカスタムのハブベアリングを交換します、まずはジャッキアップしてウマを掛けてタイヤを取り外します。



ドライブシャフトナットはカシメてあるので、マイナスドライバーでカシメを外します。



30mmのソケットでインパクトレンチを使ってドライブシャフトナットを緩めます。




ブレーキキャリパ-を取り外します。



ローターを取り外して、ハブベアリングユニットを取り外します。
このハブベアリングユニットが固着して取り外すのがかなり大変でした。



左側が取り外したハブベアリングユニットで右側が新品のハブベアリングユニットです。
新品の方が回した時に抵抗があります。

ハブベアリングユニット取り付け部分を洗浄して、外した時と逆の手順でハブベアリングユニットを組み付けていきます。
ドライブシャフトナットはブレーキを踏んだ状態で175N・mで締め付けてカシメて作業完了です。



32スペーシアカスタム マジカルリング取り付け

マジカルサスペンションリングを取り付けします。



助手席側のアッパーマウントはECUの下にあるのでボルトを1本外して、横の方によけて作業します。



運転席側は普通に露出してるので作業しやすいです。
アッパーマウントを固定しているナットを取り外します。



センターロッドが錆びてナットが固着してる場合があるので注意して取り外します。


マジカルサスペンションリングにシリコングリスを塗ってアッパーマウントと車体の間に挟み込みます。


元通りにナットを締め込みます、助手席側も同様な作業を行えば完成です。
ナットの固着が無ければかなり簡単に取り付け出来ます。

取り付け後ですが、高速域での走行時にステアリングの安定感が増したそうです。



バンパー下固定部を簡易補修

今年の大雪でバンパーを引っ掛けてしまい、下側を固定している部分が切れてしまったのでプラスチックリペアキットを使って補修します。


切れた取り付け部を支えながらリペア金具を埋め込んでいきます



金具を埋め込んだら飛び出た針金部分をニッパーで切り取ります。



補修部分を脱脂してホットメルトで補強します。


逆側の取り付け部分は切れてな無かったのですが切れかかっていたので同様にリペアキットとホットメルトで補修しました。