石川県小松市のレンタルピットです、DIYで車の整備やワンオフでのLED作成にご利用ください

TEL.080-4252-8409

〒923-0863 石川県小松市不動島町甲235

内装

汎用アームレスト加工取り付け アルトワークス(HA36S)

普通にカー用品店に売ってるアームレストを設置してみたんですが、ちょっと高さがあり過ぎて肘を乗せた状態だとシフトしづらいので加工して低く設置出来るようにしてみます。

 

 

まず、足の部分を取り外して40mmぐらいカットして、ハンマーで折り曲げます。

 

左が最初の状態で、右側が加工して短くした状態です。

 

 

元通り組み付けて取り付けしました、これで肘を乗せた状態でシフトレバーが握り易くなりました。

長距離を運転する際なんかは肘を乗せて運転したくなりますよね!

フロントガラスにトップシェードを貼り付け アルトワークス(HA36S)

フロントガラスの上部部分だけを暗くするトップシェードを貼り付けします。
まずAピラー内張りを剥がして、ダッシュボード上が濡れないようにウェスを敷きます。
次にトップシェードを貼り付ける部分をキレイに拭き取りします。

 

 

付属してきた液体を取説の通りの割合で水で薄めてスプレーします。
十分に吹きつけた後トップシェードを位置を合わせて貼り付けてからヘラで空気を抜いていきます。

 

 

完全に空気を抜いたら乾かして作業完了です。
フロントガラスの上側にスモークが掛かってるってなんか高級感がありますよね!

自作LEDフットランプを取り付け アルトワークス(HA36S)

LEDフットランプを自作します。
ユニバーサル基板をレンズカバーの大きさに切ってFLUX型LEDを6個使ってLEDランプを作りました。

 

 

自作した基板をエーモンのレンズカバーに入れて配線を取り付けたら、自作LEDフットランプの完成です。

 

 

助手席側のAピラー内張りを剥がして、ルームランプ用の配線から分岐して配線をとります。これがLEDランプのマイナス側です、プラス側はオーディオ裏からBAT電源からヒューズを通して分岐させて接続します。
本当はエレクトロタップを使用したくは無いんですけど、フットランプにしか使わない配線なんで邪魔くさくてエレクトロタップで分岐させました。

 

 

運転席側のランプ取り付け位置なんですけど、覗きこんでもあまり良い取り付け位置が無かったんでステアリングコラムにT字型ステーを取り付けてそこにLEDランプを貼り付ける事にしました。

 

 

助手席側はグローブボックス裏のエアコンユニットにL字アングルを貼り付けて、そこにLEDランプを貼り付けました。

 

 

配線を繋げたらLEDフットランプの完成です。

真っ暗になってから確認です、中々良い感じの雰囲気で足元が照らされるようになりましたね!

内装アクセサリーを取り付け アルトワークス(HA36S)

アルトワークスの内装を少しドレスアップする事にしました、まずは純正オプションのサイドシルスカッフの貼り付けです。

 

 

それから、サイドブレーキのブーツとグリップ部分のカバーです。シートやシフトブーツの赤ステッチと合わせてみました。
それにドリンクホルダー下とセンターコンソールボックス下の滑り止めゴムです、これも赤ラインの入ったやつにしてみました。

助手席側の足元にダストボックスも取り付けてます。

 

 

内装では無いですけどエンジンオイルキャップもモンスタースポーツのアルミ削りだしの赤色塗装のキャップに交換してます。

なんか黒色部分に赤色のアクセントが入るのは凄く気に入ってます。かっこいいね~!

 

 

シートベルトガイドがレカロシートに擦れて痛むのでシートベルトガイドを取り付けしました。
これも赤ステッチを合わせてみました。

 

 

レカロのシートベルトカバーも取り付けしました。

 

 

 

 

エアコンパネルのLEDを打ち替え アルトワークス(HA36S)

まずエアコンユニットをバラして中の制御基板を取り出します。
この基板に付いてるLEDは右側写真のようになってますので、液晶表示部のバックライトを橙から青色に、各スイッチ部のバックライトを橙から白色に打ち替えします。

 

 

交換前(左写真)から交換後(右写真)にイメージチェンジしました、写真だと液晶部が水色っぽいですけど実物はもっと青色です。

 

 

内気循環,デフォッガーのON表示LEDも青色に変更しました。
やっぱりこっちの方が良いですね!

 

LED打ち替えのご要望の方、是非ご相談下さい!

 

 

フットレスト取り付け アルトワークス(HA36S)

クラッチペダル横のスペースを若干広くして足を置く事が出来るようにしたんですけど、やっぱりフットレストもあった方が良いのでMonster Sportsのフットレストを取り付けします、フットレスト上部左側の取り付け穴と車体を固定するためにカーペットを一部切り取って溶接ナットを露出させます。

 

 

 

一度フットレストを付属のボルトで仮留めして、残りの固定箇所2箇所に電動ドリルで6Φの穴を空けます。

 

 

穴を空けた箇所は車体下側に潜って裏側からナット留めします。

このフットレストを取り付ける際は、本当ならクラッチペダルが右側にオフセットした製品を同時に交換するんですが、このアルトワークスはセンタコンソールボックスの取り付け部分を加工して隙間を若干広げてあるのでクラッチペダルの交換無しでも何とかいけそうです。

さぁこれで運転がだいぶ楽になりましたね。

シートをローポジション化 アルトワークス(HA36S)

アルトワークスの不満点の一つなんですけどシートが高過ぎる事ですよね。
そこでシートレールをローポジションシートレールに交換します。

 

 

シート下で繋がってる配線を外してシートを固定しているボルトを外すんですが、これがT40のトルクスビスです。
トルクスレンチを持っておられない方で交換作業したい方は是非当店までいらして下さい。

 

 

で、むだに高い嵩上げ純正シートレールを外してローポジションシートレールに付け替えます。

 

これで10cmぐらいローポジション化されました、これぐらいの方が良いですね。

エンジンスタートスイッチのLED打ち替え アルトワークス(HA36S)

アルトワークスのエンジンスタートスイッチはオレンジ色に発光するのですが、このLEDを白色に打ち替えします。

スイッチを車体から取り外して基板部分を取り出して、この基板の中央付近に付いてるチップLEDを交換します。

 

 

LEDを手持ちの二回り程大きなチップLEDに交換しました、ついでにスイッチにリングを貼り付けて目立つようにして完成です。

打ち替えしたい基板とLEDを持ち込みして頂ければ、LEDの打ち替えを施工致します。
多少の大きさ違いでも打ち替え出来る場合もありますので、作業内容作業工賃は相談して下さい!

ルームミラーを黒色塗装 アルトワークス(HA36S)

ワークスの内装はシート等、結構黒色が多用されてるのですが、ルームミラーがグレーなので浮いた感じになっていて気に入らないので、つや消し黒で塗装する事にします。

 

 

ルームミラーを取り外した後、塗料が付いたらいけない場所をマスキングしてからプラスチック用プライマーを吹き付けてから、つや消し黒のスプレーで塗装しました。

 

 

塗料が乾燥後、取り付けします。

やっぱり黒色の方が引き締まった感じがしますね!